占いカフェ&バー 黒ねこさん

            一切の遊びを排した占い


【黒ねこさんご挨拶】

カフェ&バー 黒ねこさんのホームページをご覧下さりありがとうございます。

 

当店は兵庫県神戸市中央区元町通2-4-5 2Fに宅占事務所を構えています、宅占事務所と言っても昼はカフェ、夜はバーというスタイルです。

 

私こと、店主は「大門亜妃(だいもんあき)」と申します、無類の猫好きで店内にも猫グッズが沢山あり、店名の「黒ねこさん」も勿論、猫好きが高じた結果です(>_<)

  

又、「占い」に於いては真剣な姿勢で臨んでおり小さな悩みから大きな悩みまでお聞きします。

 

相談者には「真剣」に向かい合い、相談者自身が真剣なればなるほど当方も「真剣勝負」で臨みます。

 

相談者の喜びが当方の喜びでもあり「遊びを廃した真剣勝負が出来る占い」を目指しています。 


【当店の理念】

当店は昼はデザートやソフトドリンクを楽しみながら、夜はお酒を片手に人生相談や、生き方の相談、仕事の悩み、果ては恋愛、結婚、出会い、など良くない状態から如何にして良い人生を歩むか、又どうすればより豊かに生きて行けるか、よりどうすれば発展維持出来るのか、というような相談を真摯に受け止め相談者の明日を少しでも軽やかに生きていけるお手伝いをする事に「本気」であります。

 

占い師は「開運」を提供出来て初めてその存在意義が示されます、でも「開運」とは天から降って来る奇跡でも無ければ、神様がもたらす啓示でもありません。

 

相談者本人の「努力と成長」があってこその「開運」なのです。

奇跡頼みの開運は「一時的」であり「他力本願」であり、成長ありきの開運は「本質的開運」です。

 

如何に「開運」する為の努力をするのか、知恵を絞るのか、どういう生き方をすべきか、どう「成長」すれば良いのかを示す事に当方は「命懸けの姿勢で臨みます」少しでも当店の「本気」が伝われば幸いです。


   黒ねこさん 開運メニュー 取り扱いサービス


    鑑定コース

当方の占法は「無相」「易占」「麻衣神相法」の三つです。

どれもが人の運勢を観るに特化した玄妙な占法です、其仙流の奥深い指南をどうぞご体験して下さい。 

詳しくはこちら

  修方(開運方位)

修方とは其仙流三千年の研究の積み重ねで到達した方位学の妙です。

運を付ける、禍い回避、成長の手助け、様々な効果が期待できます。

詳しくはこちら

    純淸法

純淸法とは様々な素材の「氣」を応用したもので、修方が「生み出す」作用ならば純淸法は「形を成す」という作用があります、生み出して形を成す」が其仙流の真骨頂です。

詳しくはこちら



    健康契約

健康を運勢的にサポートする契約です、健康に不安のある人や健康な身体を維持したい・・・などの人にはお勧めです、又重い病気を抱えられた方にもお勧めできるものです。

 

詳しくはこちへ

    法人契約

法人様や経営者様と顧問契約を結ぶものです、運も上げながらも経営に悩みが生じた時や取引、人材育成、企画など様々な経営者の悩みに応える契約です。

いざという時の頼りになる契約と自負しています。

詳しくはこちらへ

     個人契約

指南+その他の様々な開運商品との組み合わせを個人様との間で結ぶ契約です。

心強い契約内容となっており、毎月、何度も相談したい事がある人ほどお勧めの契約です。

 

詳しくはこちらへ



   閃氣典医

鉱石を使って各運気を上げて行く商品です、巷にある様なパワーストーンとは一線を画すもので、複数の個人個人違った鉱石の組合わせを考えてお渡しするものです。

 

詳しくはこちら 

     種子黎明法

いわゆる、「人型」や「形代」と呼ばれるものです、自分の身代わりとなって禍や不運、不健康などの種を吸い取ってくれたりします、禍への備えとして頼りになります。

詳しくはこちら

    命名、改名

現実的に「名前」で開運は難しいものです、大切な事は名前に込められた「思い」を大事にする事・・・そうする事によって結果的に運気も上がるでしょう。

 

詳しくはこちら



  お耳をお貸しします

日頃のストレスや愚痴をひたすらに聞くコースです。

人は他者に聞いてもらうだけでもストレスや不安を整理できる生き物です、心が軽くなる様に占い師がお耳をお貸します。 

 

詳しくはこちら

  其仙流 占い教室

其仙流の占い教室では「無相」「麻衣神相法」や占い師に必要な人間学、哲学、その他諸々を学びます。

「本気で本物に成りたい」と思っている方は是非どうぞ。

 

詳しくはこちら

     教養教室

教養教室では「運を上げる学び、開運しやすい人間」に成長する為の教室です。

東洋哲学を軸にしながらも其仙流独自の内容となっており、運を上げる生き方がどういうものなのかをじっくりと知る切っ掛けになるはずです。詳しくはこちら



    その他

当方は其仙流の元に他にも様々な開運商品や禍回避の商品がございます、又特別なお客様の為の裏の商品という位置付けの商品もございます、指南だけでなく「開運」や「禍回避」にも興味があれば是非どうぞ。詳しくはこちら

 癒和師(ゆなし)教室

癒和師(ゆなし)とは其仙流に伝わる「治癒する人」と言う意味合いです、東洋医学、漢方、薬草学、中医学などを基礎にして三千年の積み重ねによる病気の治療、体質改善、予防などに対するものです。詳しくはこちら

  占い教室+癒和師

癒和師は健康に特化したものですが、これは占いと癒和師の両方を学ぶ教室です。占いの現場に於いて健康はよく出て来る相談内容です、人間の最も幸運な事は「健康である」かどうかです。

詳しくはこちら



【其仙流の紹介】

 

其仙流の歴史は今から遡る事約三千年、歴代の伝承者にはあの相学で有名な「麻衣仙人」などもいる、仙人級を輩出して来た古流派です。

 

明治時代に先代 溝渕圭堂氏(177代目継承者)が兵庫県神戸市にて当時の華僑の伝承者(176代目)と出会い其仙流を伝授、晩年生まれ故郷の高知県に帰り現在に至り、現在は北町吾八(178代目継承者)がその後を継いで先代より受け継いだものをより洗練させています。

 

占法に限らず方位学も大変深く研究されているようです、本来其仙流は「一子相伝」(継承者がたった一人の事)の伝統があります、これは一般に多くに広げたらその分大きく広がるだろうが、同時に曲がり、淀むリスクが非常に高くなる事を避ける為の選択だったようです。

 

当時から中国では占いは政治や国の為の存在でした、それと同時に庶民の遊びの側面もあった事は否めません。

お国のお抱え占い師や市井の占い師のどちらもより有名になる為、より重宝される為に「過度な理論主張」に走る占い師が後を絶たない状況だったそうです。現代の占い師の多くがそうであるように・・・。

 

新たな理論を主張してもその作用を確かめる術が無い以上その理論がもっともらしく聞こえるかどうかでその後が決まります、それらしく最もな聞こえ方をされる理論や主張などはその「真」が「本物か否か」という議論をされる以前に世間や社会、国に受け入れられその勢力が伸びて行く・・・。

 

こうして「本物」を壊し、歪め、濁らせる行為をしている事に気付かず人は数千年を経ます、この行為に「其仙流」の先人達は大いに憂いの念を抱き「一子相伝」の伝統を重んじる事となるのです・・・そして現代「其仙流」の先人達の憂いは「良くない形」となり現実化しています・・・本質的に役に立たない占いの広がり、占いの本質の欠如、当たった当たらないのその場での一喜一憂・・・。

 

又、古来より中国では「本物」を守る為に各流派や占い師、果ては国を挙げて「偽物を本物の様に流布させる」行為が後を絶たなかったそうです、この様な繰り返しや先に述べました「主張に過ぎる主張の横行」などにより「何が本物で何が本当か分からない状況」へと業界そのものが陥ってしまい、この状態に見切りを付け其仙流の先人達はその後継者を他国に求めるようになり、終に176代目伝承者が後に177代目となる溝渕圭堂氏と運命の出会いを神戸で果たす事になります。

 

今日の占い業界の曲がり様、淀み様、はこのまま行くと良くて遊びの延長、悪くすると占いは滅んでしまうと感じ、仕方なく一時的に秘伝の一部を開口し業界の軌道修正を行う活動も同時にしています(その一環で其仙流の占い教室が開講しています)。

 

占いの在るべき道と姿・・・占い師の在るべき道と姿・・・人の在るべき道と姿・・・を問える流派が其仙流です。 


【其仙流との出会い】

 

私が其仙流と出会った切っ掛けは2016年6月の事でした、当時私は易占道具を購入する為にネットを見ていましたら、格安で易占道具を販売している高知県の「和泉堂(わせんどう)」という所のHPに出くわしました。

 

ただ残念な事に「只今販売をしていません」という見出しが出ていて仕方なく購入を断念し、いつもならここで終わりなのですが妙に「和泉堂」の事が気になり、よくよくHPを見ていくと沿革に書かれていた言葉が大変、興味深い言葉でした・・・。

 

「正しい占いの普及と本当に価値のある開運指南、人生指南を目指して活動しています。混沌、混迷しております占い業界(中略)正しい占いの概念と活用方法を世界中の方々と共有する時代を本気で実現してまいります」

と書かれており、其仙流の歴史や占いに対する姿勢などが書かれていました。

 

「本気になって実現するとは、迫力ある言い方をしているな・・・」と思い、更にブログを読んでみると、これまた驚くほど多種多様で多彩な様々な角度から業界に一石を投じる内容に衝撃を受けました。

 

それは私が「人を幸せに導ける本当の占い師になりたい」と思いつつ、今日の占い、占い師に何か納得いかない一定の疑問や疑念を感じてモヤモヤしていたものが全て払拭された瞬間でした。

 

例えば・・・占い師は本来その指南やアドバイスに「責任」を負わなけらばならない・・・命懸けの真剣勝負の出来る占い師を相談者は求めている・・・現実的解決策を相談者は望んでいる・・・など相当数の内容がブログに書かれていました。

 

騙されやすい私は更に詳しくHPやブログを吟味し何か本気の姿勢を感じ取り「其仙流や和泉堂」は「本物」だと感じました。

占い教室を実施していると知り即に申し込み今日に至っています。

 

私、「大門亜妃」は其仙流の門弟ではありません、一門下生ですがその志や占いや相談者に対する姿勢に感銘し日々腕と人格を磨く為に精進しています。

 

出会いは時として人の人生に大きく影響し変化をもたらせ「生き方」さえも変えてしまいます、人の生き方を説くお仕事が占い師の務めであり存在意義と教えてくれたのは其仙流です、これを肝に銘じこれからも相談者に真剣に向き合って行きます。


【ブログ紹介】

 

私「大門亜妃」は以前から、この現代の占い業界に大変「疑問と疑念」が一定あります、それは・・・

 

「本物の占いの基準はどこにあるのだろう?」

「現実的な解決が出来ていない占いの横行」

「占いと迷信をはき違えているのでは?」

「占いの本質とは・・・?」

「占い師の本質とは・・・?」

 などなど、昔から占いに対して好奇心も興味もある傍らに上記の様な「疑問と疑念」が頭を離れませんでした。

 

これらの「疑問、疑念」に全て答えてくれたのが「其仙流」でした、又「其仙流」も現代の占い業界に対して大変深く「憂いの念」を抱いており独自の活動を通して今後も「占いを本質的な在るべき道に軌道修正」する為の活動を行っています。

 

私も「本物の占いとは」を高い水準で問題提起して行く為に・・・又この業界への一石を投じる為に少しずつですが「ブログ」でその内容を皆様にお伝えして行こうと思います、少し硬い内容も含みますが、私は遊びで占いを行っているわけではなく真剣に真剣勝負が出来る占いを少しでも皆様に知ってもらいたいのです。

 

興味のある方は是非ブログを読んでみて下さい。

こちらをクリック 「黒ねこさん通信」